人気ブログランキング |

姫野先生とパステルシャインアート

主治医が見つかる診療所(TV東京)の番組に出演されている姫野友美先生と、2005年に江村信一と共著で出版された本『ココロのクセを変えるコツ』大和出版(22刷)、と『心が折れそうになったら』PHP研究所の2冊をご一緒したきっかけでパステルシャインアートを心療内科院内に展示していただいている。
f0071893_11360786.jpg
f0071893_11535330.jpg
f0071893_193819.jpg
f0071893_19342962.jpg

f0071893_9145578.jpg
f0071893_9151115.jpg

f0071893_19343549.jpg
f0071893_919851.jpg
f0071893_9185056.jpg

f0071893_19343989.jpg
f0071893_19352560.jpg

f0071893_7464556.jpg

f0071893_19344932.jpg
f0071893_1936054.jpg
f0071893_10323959.jpg


。。。。。。。。。。。。。。。。。

姫野友美 / Tomomi Himeno

医学博士 心療内科医 ひめのともみクリニック院長
東京医科歯科大学卒業

「日本テレビ系「おもいッきりテレビ」,テレビ東京「TVあっぷる」等に出演のほか、新聞、雑誌などでも、ストレスによる病気・症候群などに関するコメンテーターとして活躍中。

主な著書,「こころのクセを変えるコツ(大和出版刊)」「『疲れがなかなかとれない』と思ったとき読む本(青春出版社刊)」「女はなぜ突然おこりだすのか?」(角川書店)ほか。
[ホームページ]ひめのともみクリニック

私たちは常にストレスにさらされています。
家庭の問題、職場の問題、社会の問題、健康の問題、経済的な問題・・・。
そういったストレスを脳が受け続けると、自律神経やホルモン、免疫などが乱れ、病気を招きます。

では、どうしたら病気にならないようにできるのでしょうか。
それはストレスから生ずる緊張を緩和する方法を身につけることです。
現代社会では言語や計算、論理的思考を司る左脳を使う作業が多く、片方の脳ばかり使うと、疲労感が募ります。そんな時、絵画、音楽など右脳を使う作業をすると、疲労感がとれます。

脳は一箇所を集中的に使うより、まんべんなく使った方が疲れを感じません。
パステルシャインアートにおける「パステルカラー」は、赤・オレンジなどの原色に比べ筋肉の緊張を和らげ作用のあることが知られています。さらに明確な線や鋭角な図形のない構図、境目のない色のグラデーション、それによって生ずるフワフワ感が心を和らげ、ファンタスティックな世界へと、私たちを導いてくれます。

きっと頭の中には、セロトニンがいっぱいに広がるのでしょう。セロトニンはほのぼのとした安心感や幸福感、充足感をもたらす脳内神経伝達物質です。
セロトニンがたくさん出ると、身体の機能が正常化します。

パステルシャインアートは、ストレスから身を守り、心も体も健康にするアートといえましょう。
# by emrciss | 2019-03-30 07:48 |  ┠姫野友美先生