通信で受講しての感想

f0071893_1334392.jpg

*添付画像はテキスト2

*テキストは1、2(各10テーマ)とあります。提出は基本と応用各1枚。
テキスト1の提出は5テーマごとに提出してください。
*提出期間は最長2年まで。JPSAA講師がおひとりおひとりに
レベルアップできるよう丁寧にやさしく添削いたします。
*通信でパステルシャインアートを楽しむ(テキスト1)修了証発行
*通信でインストラクターになるコース(テキスト1、2)認定証発行

*お時間のとれない方やお住まいが遠方でスクーリング受講する事ができない方に向けて
通信講座があります。詳しくは日本パステルシャインアート協会へ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

*通信講座を受講された方の感想の一部です。


本日、パステルシャインアートインストラクター認定証が届きました(*≧∀≦*)♡
まだまだまだまだ未熟で、インストラクターを名乗るなんておこがましいような私ですが(ノ_<。)
パステルシャインアートを描くことで得られる、ワクワクとした楽しい気持ち、癒される気持ち、描けた!という達成感や充実感…そんな素敵な気持ちを、いろんな方々に感じて欲しいなぁと思うので。
そんな気持ちを感じていただくためのお手伝いができたら嬉しいです(〃ω〃)
ところで、私は、このパステルシャインアート(JPSAA)のインストラクター資格を、通信講座で、取得しました。
添削に添えられていた一文がとても嬉しかったので、ここに書きます(*´∀`)
うららんさんは、ご自身のことを大変客観的に観ることができる方です。それがまた成長の一歩となると思います。
ただ、よくできた時には自分を誉めてあげることも大切です。
これからもまずは今を楽しんで描くようにしてみてください。

そんな私の、今回の添削課題たち。
f0071893_0531795.jpg

いろいろな方々にパステルシャインアートを描いて楽しんでもらうためには、まずは私自身が、今を楽しんで絵を描けるようにならなきゃ♪というのを、改めて感じました。石川県 看護士 女性

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

こんなにきれいで、やさしい色が出せることに驚きました。
色には癒しの効果があることを実感できた気がします。
自然や光を表現できることが、とても嬉しかったです。
特に木の絵が好きで木を描くとなつかしいような
自分の居場所を見つけたような気持ちになりました。
好きな世界を描けるところが絵のすばらしいところだと
再確認できて、それだけでも良かったと思います。
自分の世界を広げていけそうな気がします。
ありがとうございました。KSさん


KIさん
ヘタなりに絵を描くことは好きだったのに、中学時代の美術の先生のマイナスな「評価」を受けて以来、絵を描くことが嫌いになりました。
最近、たまたまネットで「パステルシャインアート」を知り、江村先生のユーチューブの動画を見て、私が探していたのはこれだと確信しました。
テキストが届く前から、江村先生の本やHPを参考に自分流で毎日描いていました。
テキストが届いてからは、さらに夢中になりました。描くことが楽しいです。コットンと紙のすれる音を聴き、手を動かすことで、心が癒されてきます。
パステルシャインアートをはじめてから、日常生活の中で、絵を描くときの参考になるもの(構図や景色や色)を探している自分に気づきました。美術館に出かかえたり、きれいな景色だなと思うとカメラにおさめたり。
課題10の「雪」のテーマのときは、日本画の作家全集の中からヒントを探し、家の屋根に雪がこんもり降り積もっている感じを描きました。

。。。。。。。。。。。。。。。

MIさん
通信講座のテーマ10枚、やっと描きあがりました。
パステルをけずり、絵を描いている間は集中しているので、自分の中が無になり、心地よさを感じることが多く、セラピーとしてのパステルシャインアートを体験することができました。
 その中でも、特に2つの織物、生命の光、光の輪は今現在の自分を見つめることのできるすばらしいテーマだなと実感しています。
私は7月の講座受講時は、そのままのありのままの自分を受け入れることができず、その時に描いた絵を見ると、無理している、自分を良く見せようとしていた自分が描かれていて、ちょっとはずかしいです。でもこの通信講座のテーマと真剣に向き合っていく中で、自分の中の光の部分や良い面を感じることができ“今ここ”に生きている自分を認められるようになりました。
自分自身と向き合うこと、とても大切ですが、なかなかできなかったりしますよね。
そんな時に真っ白い紙に向かい、その時の気分で好きな色をのせていく、今の自分を描きだしていく先に見える光。本当にたくさんのことを学ばせていただいた講座でした。
 毎月提出とかという制限がなかったのも良かったです。きちんと最後までできるかという不安もありましたが、期限が長くもうけられていたので、しっかりと課題とも、自分とも向き合うことができました。
 今はすばらしいアートセラピーメソッドをもっとたくさんの方に知っていただき、ぜひ体験していただきたいと思っています。
インストラクターとしてたくさんの方の心に光を差すことができるように頑張りたいと思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
HOさん
 前半は、パステルの多彩な表現と自分のイメージがなかなかリンクせず苦労しました。
後半にかけて、形あるものや身近なものを15×15の中に表現するのが大変でした。空や虹などはサイズの概念があまりないので自由に描くことが出来ましたが、植物や動物などは空間のバランスや一緒に描く物で大きさが決まってしまうためにアンバランスになることもありました。
 しかし、このワークを通して集中することの楽しさや失敗も意外な作品になる面白さ、コンパクトなスペースで描けてカタルシス効果も高いのは大変いいことだと感じました。まあ、難しいことは抜きで楽しいと思えるワークですね。
 テーマ1に比べて2はとても楽しむことが出来ました。描けば描くほど発見があり、こんなやり方もありなんだと気づきが生まれました。反面苦労したのが、ねり消しの使い方です。消すことで描くのは凄いが、思い通りに描けないのと消した線に勢いがない。きこちない。風が吹き抜けていない。せっかくうまく描いたのに、ねり消しで・・・微妙な作品になってしまった。こればかりは、数こなすしかないですね、頑張ります。
 テーマを終えて感じたことは、15×15のスペースの広さ、空間のバランスの難しさですね。描くというよりも、色を紡いでいく感覚が楽しく新鮮でした。無心で出来る作業感がとてもいいですね。もっともっと技術を身に付けて、多くの方にこの楽しさを教えていきたいと思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

KTさん
2012年5月に通信のインストラクターを申し込み「パステルシャインアート」を本格的に描いていこうと考えるようになった。
2011年5月から、栃木県宇都宮のNさんに約半年、月1回の割合でお教室に通い、描き方を習っていたので、始めやすかった。
提出課題のいくつかは描いたものだったが、改めて描いてみると色の使い方、大きさ等で、印象が変わり、それが楽しく感じられ、実際提出する課題それぞれ、2、3枚描いたものもあった。
また、応用の作品においては、基本から離れられず、悩んだりしたが、「それも自分」と思う事もできて、自分と向き合う素晴らしいアートセラピーだと思った。
1つ1つ描く度に、コメントを残しておいたので、短い期間で課題を仕上げてしまったが、成長とその時々の思いが分かり、レポートを書く際にも役立っているので、今後もコメントは残しながら描いていこうと思う。
また、描いていて、1番に感じたことは、無心になっていること。
何も考えず、ただ色を重ねている自分に気づき、禅のような瞑想状態になっていた事が、とても良い時間と感じられた。
仕事と家事の合間でも描けたので、レベル2コースの課題に取り組み、それが終わったら、オーラソーマのボトル110本の絵を描きたいと思っている。ありがとうございました。
テキスト2の10テーマを描くことで、型紙の作り方、使い方に慣れてきたと思いました。もっともっと自由なテーマを考えて描いてみたいとも思いました。
テキスト1でも感じた、魂の輝きや、パステルを描くことで心の浄化、安定を導くことができると分かったので、多くの方に知ってもらえるように働きかけていきたいと思います。
私は、アロマテラピーで老人福祉センターへ出向いているので、関心を持って頂けるよう活動したいと思います。
パステルで描いていると、自分の世界を見せつけられ、気づきが起こります。自分で思っている「自分」とは違う一面に出会い、認められ、とても良いセラピーになります。いろいろな面があって良い。いろいろで良い。という絵に表われ、見せてくれるので「分かる」ところが良いと思います。サロンに来ているお客様が早く「パステルシャインアート」を描きたいと楽しみにしてくれているので、基本を見直し応用の作品を作っておきたいと思います。
10テーマは、さらに心模様が現れて、感じる心も、より繊細になってきた様に思います。
私が行っているセラピー、(アロマ、カラー、クリスタルボウルなど)と融合させても楽しいと分かったので楽しみです。アートセラピーのすばらしい世界を取り入れて多くの方に伝えていきたいと思います。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

YSさん
図書館でパステルシャインアートの本に出逢い、包み込まれる様な優しい絵と色の美しさに魅かれ通信講座の申し込みをしました。
 テキストが届くまでの間、本をお手本に見よう見真似で色鉛筆を削り初めて『円』を描き、描いている間の気持ちの変化や出来上がった絵にとても感動しました。なかなか自分の誉める事のない日常ですが「私ってすごいかも!」と思わず口にしてしまう絵を描く工程や出来上がった作品の持つ力の奥深さを感じました。
 テキストが届いてからはテーマや問いかけにより、すぐに答えやイメージが浮かばない事もたくさんあり見ていた様で何も見ていなくて、思っていたより何も感じてこなかったのかもしれないと反省しました。テーマを進めながら、その物や色や形、それを取り巻く周りの雰囲気的な色等も見て感じたいと思う様になり、物だけでなく状況に於いても見方が変わりました。描く事でこのような気持ちや穏やかな時間を得られる事を初体験しました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

YKさん
10枚の課題は、あっと言う間に描きあげてしまった。
普段、なかなかまとまった時間がとれず、仕事で疲れていたり、道具を出したり、紙を切ったりするのがおっくうになっていたり・・・と、いう日々もあったが、それも自分と向き合い、心の状態を確認する機会となった。
空や草木、花が舞ったり水が落ちる様子、風の向きなど、目の前にある動きや情景に意識を向ける事が増え、気づくと“これをパステルで表現したい”、“どういう風に描けるかな”といつも考えていた。
新しい技法や、テーマを学びながら、1枚描く毎に、喜びや感動があり、家族や友人にも見せたい衝動。以前は、自分が思い通りのものが描けない、とか、上手い、下手と判断することがあったが、最近は、随分リラックスして描けるようになり、真っ白な画用紙から、浮かび上がってくる物をワクワクしながら、受け取る事ができる様になってきた。
10テーマを学び、色々なものをかけるようになったので、今度はふるさとの風景や、大好きな思い出をパステルで表してみたいと思っている。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

THさん
パステルシャインアートは本当に自分で想像できなかった自分を少しづつ発見することができました。
描く日、描く時間帯、その時の気分によって日々変化し1枚1枚同じ絵ができあがることがないということを知りました。強い時の自分、弱い時、かなしい時、楽しい時、無理せずパステルシャインアートでは表現することができる。そして、自分の内なる自分を知ることができると思いました。
長い間、病気で苦しんできましたが、なにか一歩ふみ出すことができる気がして、自分の中に未来、楽しい時間など、楽しみが増えたと思います。又、色々な人の役に立てたら…。他の人にもこのような気持ちを体験してほしいと思いました。
自分と向きあえて本当によかったと思います。
ストレスなく描けるという意味がとてもよくわかりました。
もっともっと視野を広げて行きたいと思います。


f0071893_1342228.jpg


f0071893_135350.jpg


f0071893_1345191.jpg


f0071893_1393125.jpg


f0071893_1395473.jpg

[PR]
by emrciss | 2012-07-27 12:50 |  ┗通信講座の感想
<< 銀座伊東屋での江村信一の絵 HPリニュアル >>