<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

品川障害福祉センターでのワーク

f0071893_16234543.jpg
f0071893_16242845.jpg

[PR]
by emrciss | 2010-03-18 16:22 | ◆施設でのPSA

102才のおじいちゃんが描く

f0071893_10515785.jpg

f0071893_22561429.jpg

f0071893_22563032.jpg

f0071893_22565487.jpg

f0071893_22571122.jpg

f0071893_22572617.jpg


下記の文面は施設の方がブログに載せていただきました。
ありがとうございます。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

生によるパステルシャインアート

kikakuです。
3月21日(日)に特定施設有料老人ホームサンフォーレ鵠沼にて著名デザイナー江村信一さんによるパステルシャインアートなる美術セラピーが行われました。パステルシャインアートとは「独自なメソッドである15cmの白い正方形フレームにセロハンテープでマスキングして12cmの枠を作る。そして、パステルを粉にして伸ばしグラデーシヨンで
ほんわりとしたやさしい丸い光の絵を描く。この技法(パステルを削ってパウダーにしてのばす)は絵の背景などに以前から使われていましたが一枚の絵にヒーリングアートとして初めて完成させました。」とのことです。御高齢ながらとんでもないスケジュールをこなす聖路加国際病院理事長 日野原重明先生もお気に入りとのことで著書の中にも先生がこの手法で作った作品が載せられています。

今回は江村信一先生と指導員の方3名が来てくださり、10名の美術好きな入居者さんが参加しました。みなさん、先生から指導を受けながら一生懸命作品を作り上げました。半数の方は1作品を作って疲れてしまいましたが、残り半数のシニアさんは物足りないらしくもう一作品にチャレンジしました。最後に江村先生がシニアさんの作品を一つ一つ論評しお褒めいただきました。それを聞いたシニアさんは「本当、久しぶりに褒められてうれしい!」とおっしゃっていましたね。

このようなレクリエーションをご提供いただき江村先生、本当にありがとうございました。

写真の通り幻想的かつ個性的な作品ができあがりました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]
by emrciss | 2010-03-17 10:50 |  ┠102才の最高年齢

自分への気づき

■トライアルコース 

❶作家 女性 (ミクシー日記より)

寮美千子さんより

お久しぶりです。
わたしがパステルシャインアートを体験したのは、ずいぶん前のこと。
まだはじめられて間もない頃だったかもしれません。
あの時の開放感、いまでも忘れられません!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

■ベーシックインストラクター

❶ ベーシックインストラクター 30代 女性

パステルアートにずっと興味があって、年末に講座を受けました。
パステルシャインアートは、ただパステルで絵を描くというだけでなく、
ヒーリング効果もある癒しのアートです。
絵が苦手な人でも簡単に描くことができてとても楽しいです♪
10分ほどの瞑想や内観も取り入れつつ、自分の思うように描きます。
私は紫系を多く使う傾向にありました。
一緒に受講したかたは、現在かなり深い悩みを持っているらしく、
黒やグレーについ手がのびると、自己分析していました。
描く時の心情が思いのほか現れて興味深いです。
三日間缶詰状態で朝からみっちり講座をうけて、
パステルシャインアートのベーシックインストラクターの資格が取れました♪


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

■海外からの受講

❶ MNさん 米国ロスよりマスターベーシックコース、アドヴァンスコース、受講  30代女性

今回やっと以前から興味を持っていたシャインアートに受講することが出来うれしく思いました。描いている時は、むがむちゅうで描き、とっても楽しかったです。先生方の講座の内容もとても分かりやすく、とっても温かい雰囲気の中で、受ける事が出来ました。認定後は、アメリカの方でも、少しずつ広げていけたらな!!と思っています。
3日間、本当にありがとうございました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。

❷ JHさん シンガポールよりマスターベーシックコース受講  40代女性

とても楽しく3日間過ごしました。体調が悪く何度かあきらめようかと思いながらも、パステルシャインアートの力で心も体もどんどん元気になってきました。パステルシャインアートの持つ力を自分の体を通じてまざまざと見せられた感じがします。
シンガポールで、保護者の方を中心に、子供も一緒に楽しめるような活動ができたらと思っています。

。。。。。。。。。。。。

❸ Tillyさん カナダ、バンクーバーより 1dayに参加、通信講座受講中 30代女性

以前から興味のあった色彩やアートの世界を勉強していく中で、
ヒーリングとアートの融合したパステルシャインアートに出会い
ぜひやってみたいと思っていました。
コースはとても和やかな雰囲気の中、自分と静かに向き合いながら楽しい時間を過ごせました。
始めて書くパステルシャインアートには最初戸惑いもありましたが、書き進めるうちにどんどんアイデアが沸いてきて、ワクワクする思いでした。 そして何より江村先生より直接ご指導
頂き、先生の作品や製作過程を拝見できたことはとても素敵な経験でした。これから暫くは
通信講座のテーマを中心に自分を素直に表現できるアートワークをしていきたいと思います。
とても楽しいお時間を過させていただきありがとうございました。
なんと言っても直接先生とお目にかかれて、作品や作成過程を拝見したり、
お話をお伺いできた事はとても素敵な経験でした。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

■マスターインストラクターコース東京恵比寿

インストラクター養成講座マスターベーシックコースより体感の声

❶ 江村信一先生、西川眞知子先生のお人柄と熱意、知識の豊富さに圧倒されました。
受講生の方も、広い意味でみな、ヒーリングに携わる方々で、素晴らしい方々に恵まれ
密度の濃い三日間でした。パステルシャインアートの素晴らしさ、奥深さ。この講座を受けることが出来て本当に良かったです。
是非、次のアドヴァンスのコースも受けたいです。

職場で早速、壁に飾るものを描きました。額が大きくB4くらいあったのですが、
臆することなく描くことができました。そして、職場のみんなに講座で描いたものを見せると、
みんな描きたいといってくれ、今度時間のあるときに、ミニミニ講座を開くことにしました。
ブログにも載せさせていただきました。ブログにはこれから、もっとパステルシャインアートを
お知らせしていけたらと思います。

気功教室をやっているのですが、そこでも少しお話させていただきました。
気功教室は地域のコミュニティですが、そこで、来年度はパステルシャインアートの講座を
開こうと計画しています。
本当にありがとうございました。

40代女性

。。。。。。。。。。。

❷三日間お世話になりました。

 以前の一日体験では、ただただ楽しい、綺麗、是非続けてやってみたいという思いしか
ありませんでした。
今回、パステルシャインアートマスターベーシックコース インストラクター講座を受けて、
初めてパステルの持つ深い意味を知り感動しています。
また、受講した皆がそれぞれ個性的な美しい作品が描けたことにも感動しました。
 他の受講生の方の反応や、自分で描いた作品との対話、それぞれの作品への思いの
分かち合い等を通してパステルのメンタルヘルスやメンタルトレーニングへの応用の可能性を感じました。

様々な人が、このパステルシャインアート(ほめ合いアート)を通し閉塞感からの脱却や、
自分自身への可能性を感じ・明るく生活できる気持ち、夢を持ち実現することへの楽しさ幸せ感、
等感じていけたらいいなと思います。

これから、公民館講座・母親学級・成人教養委員会主催の講座・子供会行事・地域ふれあいサロン・保健センターでの精神:高齢者のデイサービスを始め、個人でのパステル教室等を開催出来たらいいと思います。特に近くの小学校の校長先生が大変関心を持っているので、先生と協力できたらいいと思っています。

将来的にはアドバンスコースも受講したいと思います。
様々なイベントの情報等ありましたら是非お知らせください。
出来るだけ参加させていただきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

40代女性

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

❸ あの3日間で自分から受け取った感覚をそのまま絵にして現れたものは、
本当に私の心深くからやってきているメッセージでした。 ありがとうございました。  
東京 40代 男性

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

❹パステルシャインアートの世界(1)
この3日間…パステルシャインアートの世界への扉を叩いてきました♪

大阪・・・・
ものすごく寒かったです(涙)

'95年にアーティストでらっしゃる江村信一先生が始められたこの世界…
実のところ 私自身にとっては『絵の技法を得る為の講座』という意識が強く
絵を描くことは 呼吸することとさほど変わらない私にとっては
初日は ただ・ただ・・・一日絵を描いていられる…という楽しさと満足さが先行していました。

…と文字で表現してしまうと 先生方々や既にこの世界の諸先輩方々には
少しばかり…失礼にあたってしまうかも…と懸念しないではありませんが
あの楽しさと充実感を 文字でどう表現していいのか…分からないぐらい
本当に 本当に“素”の自分のまま…だったと感じます。

初日終了後も当然テンションは すこぶるご機嫌テンションのままで
大阪の友人と共に夜遅くまでお食事や今後の互いの仕事や夢について語り合いました。

2日目から アーユルヴェーダを専門とされる西川眞知子先生がおみえになり
信一先生と眞知子先生おふたりのコラボ・パワー炸裂により
講座終了3日目までの間に
大阪入りした時点で 真っ白なパズルにぼんやりとした輪郭の絵しか画かれていなかった私のビジョンに
一気に 明確なラインと色が画かれました。

この作業には やはり2日目に初日同様友人との語り合いが“拍車”をかけています。
そして これはご一緒されたクラスの方々の存在なくしては得られなかったであろう作業です。

一見…“絵を描く”作業ということで
ご一緒されたクラスの方々と“個”が浮きあがりそうですが
個々が描いた絵を“シェア”する事で
なんというか…これまで私自身が 絵自体を描くこと・絵をどなたかにお分けすること…では
体験出来ないような 不思議な解放感というものを感じたと同時に
解放感とは別の 一体感…のようなものを感じることが可能なひとときでした。



“現実問題”…今の段階の私では
両先生が目指されている“大いなる世界”そのものについてはスケールが大きすぎて
まだ 私の中には語る表現を持ち合わせていません。
ですから この場で その大切な部分に触れることは避けますが
3日間で得たモノを“自分なりに”消化し始めることが可能となった時
きっと 語る表現がついてくるであろう…と感じますし
ひとまず3日間の受講によって“パステルシャインアート”を
様々な方々にお披露目をする許可を頂いた事になりますが
自分自身にその許可…を与えるには まだ時間は必要です♪

…が、このメソッドに限っては
「語られるよりも 1度だけでも体験してこそ“触れられる”」という感じかもしれません。

また、今回の講座を受講した理由は 私の場合 やはりストーンを抜き…では在り得ず
そんなに遠くない日…『GARBO*deco*』としては
ストーン達とのコラボと言いますか…
Decal Stonesだけ…ではなく
ストーン達…をより一層 多くの方々に“感じて頂く為”のひとつの素晴らしい方法として
展開させていく予定です。



しかしながら…
今回の3日間 私の現段階で持っている絵以外の抽斗全てが全開になり
そしてひとつに繋がりました。
舞踊・茶道・着物・染色・華道・音楽・・・・・・
ストーンという存在からの視点でも 繋がる要素達ではありますが
この3日間で その繋がりがより一層深くなり
これまでお世話になった・お世話になっている…師匠達のお顔が次々と蘇りました。

おかしなモノで この3日間の受講によって
「そうか…あの時 師匠はコレを私に教えてらしたんだ…。」
と、突如 理解の扉が開くことシバシバでした。

一度では書ききれない部分もありますので (2)では
少し…別角度からブログ記事にしてみようかな…と思います。




最後になりましたが
この3日間で 素敵なフレーズと出逢いました。

意識は石の中で眠り
植物の中で目覚め
人間の中で実現する・・・

インドの言葉である…というお話を伺いました。
このフレーズが本来意味するもの・・・は 私のレベルでは説明が不可能ですが
このフレーズを読んで頂いた時
ポチャン…という投石による水面の波紋のように
ご自身の中に小さなさざ波をかすかに…かすかに…でも感じて頂けたとするなら
なんとなく…嬉しい“私”が居るようです。

40代女性 岐阜

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


■アドヴァンスコース東京恵比寿

❶ キネシオロジー、アーユルヴェーダ、カラーセラピーなど
今まで関わってきたものと、パステルが融合した時間は
とても懐かしく、そして新鮮で楽しませていただきました。
何度もおっしゃっておられました、「分析的なものではなく・・・」という言葉がこれから、進めていくにあったって、しっかりと心にとめていくことだと思っています。 パステルシャインアートは、自分で自分を見つめ、自分のための処方を手にしていくことのできるセラピーで今、私達が進む、真の意味での「自立」や真に人間らしく生きるための時間をもたらすものだと思います。
忙しさに追われ、真に自分を感じることなくまた、らしさも忘れた中で生きる時間が多い社会ですがパステルシャインアートを通して一人一人が生み出す自己探求や自己受容が社会全体へと広がることで、本来のあるべき姿へと移行していくと思います。多くの方達に、その時間を体験していただくために伝える工夫、広げる工夫を日々、重ねながら進んでいきたいと思います。

富山 40代女性



❷ 今回のアドバンスコースは、自分の内面に目を向けてパステルで表現していく課題が多かったのが特徴だったと思います。自分の内面に気づくきっかけとして、音楽や香り、ボディーワークがあり、やはり心と体はつながっていて、内面に目を向けていけば、自分の軸がぶれずにいつでも戻ってこれる、という感覚をつかめました。また2日目の光の絵手紙グリーティングメッセージカードは、自分でクラスを持つときに、生徒さんに喜んでもらえそうな楽しく心のこもった作品が出来上がるのでいろいろなテクニックを教えていただいてよかった、と思いました。

東京 30代女性



❸ 現在、生徒さんは少ないですがカルチャーセンターで講座を開いています
住んでいる自治会の公民館などでも子供向け講習のお話をいただいています
一人でも多くの方に知っていただけるように、きっかけづくりをしています。
今回アドヴァンスコースを受けてみて、自分の心と会話できたような気がします
今迄のように自然を描くのではなく、心の内面であったり香りのイメージであったりと
とても興味深い内容でした
これから、講座を開く中でもっともっとインナーの部分を感じて描いていただくことによっての癒し効果を体感していただきたいな~~と思いました。
自分自身ももっともっと経験を積みアーユルヴェーダーの勉強も始めようと思っています
この講座をうけて、自分の幅が広がったように思いました
ありがとうございました

大阪 40代女性



‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

■『子供とパステルシャインアートを楽しんでいます』親子の体験談

❶ パステルは本当に不思議でどんなに絵の苦手な子供でさえも
自ら進んで「やりたい!!」と飛びついて来ます。
特に自分で好きな色を自由に使っていいんだよ、と説明すると
、今まで花はピンクや赤、ウサギは白、太陽はオレンジか黄色、などと子供でさえもすでに持っている固定観念を思い切り打ち破り、自由で躍動感のある生き生きとした芸術的なアートを描き出してくれこちらは驚く事ばかりで
す。特に3〜6歳の子供達は自分の頭の中に描くファンタジーな
世界観をそのままパステルで表そうとしてくれます。
でも一番楽しんでいるのはやはり自分でパステルを削って
いる時でしょうか(笑)好きなパステルを選び削り終わるまで
の子供達のあの楽しそうな顔は素晴らしく輝いてます!
そして何枚でも毎日でも描きたがり、やらせて!とせがまれて
ます♪


❷ 子どもたちはパステルを粉にすることから大好きです。
大人用の決まったスタイルはなかなか受付ませんので、
自由にやれるキャパが大きいほうがいいようです。
例えば、画用紙の上でこなを削り、そのまま、指でこすっていくとかは大喜びです。また、色を重ねることは難しいので、パレットは一色一枚にしております。出来るだけ、大きい紙で、思う存分手を動かせる方法が私はいいと思います。3歳、4歳、5歳と発達の状態が違うので
それにあわせたカリキュラムがあるといいと思いました。

*他にもパステルシャインアートHPに沢山の喜びの体験談が掲載されています。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

■セラピストから感動の体験

北海道新聞のカルチャーセンターの生徒さんのお話を聞き、パステルシャインアートって、本当にすごいなぁと思ったことがあり、お伝えさせていただきます。

その生徒さん(60代くらい・女性)は、講座のシェアリングの中から、おばあちゃんを介護されていて、その中で時間を作って講座に来てくださっていることを知りました。
介護されている人の大変さは、介護した経験のある人にしかわからないくらい、心身ともにキツイことだと思うので、その生徒さんが講座に来ている時間や、パステルシャインアートで描いた作品が、元気の源に繋がっていくといいなと思いながら、接していました。

この講座は、3ヶ月1クールで、今月が1クールの最後となり、続けるか辞めるかの意向を聞く時期になりました。その生徒さんにも聞いてみると、おばあちゃんの様態が、悪くなってきていて、ご家族やご親戚が、てんやわんやでおばあちゃんの世話をしていること、パステルの講座のときは、親戚のかたに介護を交代してもらって、とても楽しみにきていることなど話してくださりました。
でも、そんな状況なので、続けたいけど、環境的に厳しいとおっしゃっていて、私もそれは仕方ない状況だと思い、お婆ちゃんが回復してきたら、またできる時がくるといいですね♪という気持ちで聞いてました。
でも、その生徒さんには、介護のこと以上に続けたい理由があったのです。
それは、その生徒さん自身が、もうすぐ目が見えなくなってしまうということ・・・。
(緑内障とかですかね・・・詳しく聞いてませんが)
ご自分の目が見える最後の時間に、やっておきたいことの1つとして、パステルシャインアートなんだそうです。
今回の入会、そんな気持ちで申し込みしてくださったそうです。
生徒募集のパンフレットに、黄色の円に顔を描いた“笑顔”をのせたのですが、
多くの講座の中から、これだ!ろ思い、選んだそうです。
毎回楽しくて、もっと色んなものを描いてみたい。目が見えなくなるまでに、そんなに時間がないけれど、その間、もっともっと描いておきたかったんです・・・と話してくださいました。

私は、今日までそれを知らずにレッスンしてきたのですが、パステルシャインアートは、本当に心にと届くアートであり、
描いて癒され、見て癒される。どんな立場や状況の人にも、心に光を差し込んでくれるアートなんだと、心にズシッときました。

介護の関係で、7月からはこれない可能性の方が強いですが、描きたいモチーフ(クリスマスツyリー)があるそうで、でも
そのころまで、目が見えている時間はないかもしれないそうです。
私にできることとして、絵を描ける限られた時間の中で、パステルシャインアートを一緒に楽しめる機会に、協力させていただこうと、おもいました。

このような思いで、パステルシャインアートに出会ってよかったと、感じているかたがいることを、お伝えしたく、お知らせさせていただきました。

長くなり、すみません。これからも、多くのひとに、パステルシャインアートを伝えていきたいと、改めて感じております。

北海道在住 40代女性  
パステルシャインアートインストラクター、アドヴァンスセラピスト

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

■パステルシャインアート『葉祥明の世界を描こう』講座2011/4/17


おはようございます♪

葉祥明の世界を描こうパステルシャインアート講座に
参加させていただきましたF、Tです。

数年前に表紙の色と絵に惹かれて
「世界でいちばん簡単な絵の描き方」という本に出逢って・・・
それからずっとパステルは気になっていました。

まさかこういうタイミングで著者の江村信一先生とお逢いできて、
直々にパステルを教えていただけるとはその頃の私には
想像すらできなかっただけにとても嬉かったです。

西川眞知子先生から聴いたお話もとても貴重でした。

スケジュールとにらめっこしながら、
江村信一先生の講座を受講したいなと思っています。

この不思議な繋がりとご縁を大切にしていきたいと思っています。

ステキな企画、ステキな時間をありがとうございました。

またお逢い出来る日を楽しみにしています。

東京 40代女性
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


■体験談
いつもいつも楽しい、そうだといいけど
なかなかそうもいかない、変わりたいのに変われない
どうして自分ばかりがと考えてしまう時ってありませんか。


私はパステルアートを描き始めて生活が劇的に変化しました。
心も変化しました。家族も変化しました。


パステルアートは、上手い、下手、批評、批判がなく安全で安心な世界です。
誰でも簡単に描くことが出来ます。ただそれだけで変化がやってきます。
言葉に出して表現できない心の中もパステルアートで癒されていきます。


パステルアートの魅力
最大の魅力は誰でも簡単に描けることです。
小さい頃は誰もがお絵かきに夢中だったはず、それがいつの頃からか「絵が苦手」「絵は描けない」「絵心がないから描けない」と思い込んでいる人がとても多いです。私もその一人でしたが、パステルアートには上手い下手がなく誰もが描くことができ、誰もがアーティストになることができます。
絵が描けることによって、心が穏やかになり、希望が湧き、気持ちが元気に健康になります。
自分自身の新たな面を発見し、内面の気づきやカタルシス(浄化)がおこります。
描きたい気持ちが広がり、周りのものが違う角度から見え、毎日がとても楽しくなります。
一緒に描いた方と絵を見せ合うことで、お互いの素敵なところを受容共感できます。
MKさん 女性


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



[PR]
by emrciss | 2010-03-04 09:01 | ★★★PSA感想・体験談

スタッフとしての体験談

*パステルシャインアートインストラクターが
施設でワークアシストをお願いした時の感想文を掲載します。


感想❶ 施設

・東京品川八潮(サンかもめ)でのワーク

はじめは、一体何がはじまるんだろう?という表情で座っていた皆
さんでしたが、私が机の上でパステルを削りはじめると、目がキラ
キラと輝き出し、興味津々で一生懸命見てくれていました。

好きな色のパステルを2、3本選んで削ってもらい、クルクルと円
を描きはじめると、どんどん明るい表情に変わっていったのがとて
も印象に残っています。

パステルシャインアートを描き終え、皆さんの表情は大変いきいき
していました。
今後も機会を作り、素晴らしいアートをたくさん描いていただきた
いと思います。


・やまとセレモニーでのワーク(茨城県高萩)企業研修

ワークを始める前には緊張感さえ感じられていた会場でしたが、ア
ートを描き始めると、笑い声が聞こえ出し、明るい雰囲気になりま
した。

ボーディーワークの後に描いた木は、とても自由な発想で描かれて
いて、それぞれ個性が感じられました。

それぞれチーム名を付け、出来上がったアートをチームごとに貼っ
てもらって気づいたことは、チームの人同士似た感じの色合いや仕
上がりになっていて、お互い同調し合っているような気がしました


皆さんのアートを描いている姿を見て、パステルシャインアートは
、セルフセラピーとして素晴らしいツールだと感じましたし、私自
身も元気づけられました。

貴重な経験をさせていただき感謝しております。
どうもありがとうございました!

SOさん 30代女性

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


感想❷ 企業研修

お世話になります。
先日の茨城のワークショップから明日で早一週間。
間際の申し込みでしたが、いい体験になりました。
今回自分の経験とてらしあわせての感想を少し。

私自身何年も音楽体操の指導をしてます。
多いときは40人を超えることも。そのときの経験ですが、
初めて体験するたいていの方は、緊張して顔がこわばり、
笑顔なんてありません。しかし、時間が経過するにつれ、「あ〜自分にもできるんだ!」
と、感じた瞬間から皆さん人が変わったように元気な表情にになります。

今回、35名の参加者の2時間の最初と最後の表情の変化にもそれを感じました。
初めは(乗り気がしない)・・・(絵は苦手だから)・・・(何をするんだろう)・・・
なんて表情が見え隠れしていました。しかし、始めてしばらくすると、パステルを見る目に変化が・・・
皆さんの眼は、いきいきと輝き、どんどん積極的に描き始める姿がそこにありました。
そして完成したときの、(自然の笑顔)を見たときは、私自身がとても嬉しくなりました。

また、多人数のワークショップの方法も学べました。
今後にいかせる、いい経験ができました。ありがとうございました。

Sさん 50代女性

。。。。。。。。。。。。。。。。。


感想❸ たかの友梨アカデミーにて

とても楽しく、また学ぶことの多い刺激的な体験でした。
また機会があれば参加させていただければと思っております。

Tさん 30代女性

。。。。。。。。。。。。。

感想❹ 施設

こんにちは。
品川八潮サンかもめでのワークショップでは、参加させていただき、ありがとうございました。

こういったボランティア活躍は初めてでしたが、とても勉強になりました。
また機会がありましたら、ぜひ体験したいと思っております。
どうぞよろしくお願い申しあげます。
また、今回初めて江村先生にお会いできて、先生の楽しくやわらかい感性に触れ、大変嬉しかったです。これからもパステルシャインアートを通して、ハートからのヒーリング活動ができたらと思います。

40代女性
。。。。。。。。。。。。。。。。。。

感想❺ イベント

お茶の水アートピクニック参加してきました!雨の中、ブース内が常に体験者で一杯でした。
ちょっと寒かったけれど、楽しかった〜(^з^)-☆

30代女性

。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]
by emrciss | 2010-03-03 18:20 | ★インストラクターが講師になる