長野県信濃病院で絵画療法としてのPSA

f0071893_1221388.jpg

f0071893_1221630.gif


陶芸/絵画展を開催しました。。
今回の企画展に展示した作品は、患者さんが、オプション療法で行っている陶芸療法と絵画療法で創ったものです。展示している絵画作品は墨絵とパステルシャインアートなのですが、パステルシャインアートという言葉を初めて目にする方もいるのではないでしょうか?
パステルシャインアートは、1995年にアーティストの江村信一さんが発表したメソッドで、粉にしたパステルをコットンや指につけて描くことで、独特の柔らかくて優しい雰囲気の絵を仕上げることができます。

JPSAAインストラクターAさん
。。。。。。。。。。。。。。

病院概要
当院は専門的治療機関を設立して欲しいという患者さんの切実な要望を契機として開設されました。それ以来、当院の診療は、「アルコール依存症からの回復を目指す方々に、アルコール依存症を克服するための最も効果的な方法と質の高いケアサービスを提供する」という私たちの信念に基づいて運営されています。
病院名
医療法人碧水会 信濃病院
設立
昭和58年4月1日
ベット数
101床
診療科
精神科、内科
所在地
〒389-0512 長野県東御市滋野乙3297番地
連絡先
TEL:0268‐64‐3366
FAX:0268‐64‐2373

。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]
by emrciss | 2013-08-27 12:26 | ◆施設でのPSA
<< 衛藤信之さんとパステルシャイン... 脳測定の結果 >>